STAR COMPASS

ARTICLE PAGE

in オーダーブレスレット

色とアイデンティティ2 おめでたいお話

-0 COMMENT
私が色(対立なし)で人の多くの色を見るのは、最近ここ半年ではじめた事です。
それまではその人が好きな色とお願い事だけでブレスレットを作ったり、ゾウさんを差し上げたりしていました。


どうやら、色が過剰な方が、さらに自分のカラーとして、その過剰な色を洋服持ち物生活の全てに取り入れているのを何度も目にしてきました。それはその人のテーマカラーであるし、アイデンティティでもあるんだけれども、中庸に戻す事も(悩みや人生で最も大きなお願いがあるときだけは)大事なのでは?と、ふと思うようになりました。




1年ほど前、ゾウさんとブレスレットをご縁のある方のご紹介で求めてくださり、「子供が欲しい」というお願いをかけた方がありました。ずっと、ずっと、ずっと、ずっと本当に子供が欲しくて欲しくて欲しくて欲しくて、という位でした。


しばらくして色を取り入れた頃、その方を再度鑑定したときに、その方は赤が過剰でした。

赤・・・・と聞いてピンと来る方もいらっしゃればそうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、
一般的に思われている通りで、赤が象徴するのはもちろん、火であり情熱であり。
その方の服装から持ち物、全てが「赤」「ピンク」だったのをふと思い出しました。


自分のメインの色を自分らしいとメインカラーに据えている方と、持っていない色を無いからこそ補う方と大体半々です。それは良い悪いという単純なものではないので、ご心配なく、どちらでも構いません。ですが、子供が欲しい、というお願いの場合、赤が司るチャクラもやはり女性の子宮より下側の部分だなあ、とふと思いました。



ゾウさんをお渡ししてから半年して、その方にご縁のある方とお話した際に、ふと、その方のお願い、石やゾウさんに願いをかけたのがまだ叶わないなあ、でも、命の事だから授かり物だしなあ、とも思い、ちらっと許可を得て「観」させて頂いた際に、そばにエンジェルと思えたもの・・・(実際は魂の白い感じです)が来ていたようにすぐに見えたので、「エンジェルがそばに来ているように思うのでタイミングさえ合えばそのうちできるかもしれない」と、ちょうど今年の6月頃に言いました。

そして、最近色を取り入れ始めたのだけれども、(その方は)赤が強すぎて全て燃やし尽くしてしまったり、エネルギーが過剰になりすぎて仕事を頑張りすぎたり日々の生活も頑張りすぎて、新たなエネルギー(子供)を作り出すが足りなくなるかもしれないから、赤を減らして他の不足している色を取り入れること、それから、赤の人は人以上にエネルギーがあって全てに自分のエネルギーをこめすぎる位頑張りすぎてしまうから、少しリラックスして自分のためのゆったりする時間を取って下さい、とお伝えしました。


とはいえそんな不思議な事、私ですら「見せて頂いた様子の保証は(私は信頼していますが)私以外誰にもできない」訳です。そのご縁のある方もそういった事に私が「観る」ものがいつも当たっているらしいので一定の信頼と理解はあるものの、「(相手に)期待させてやっぱり出来なくてがっかりさせても何だし、とてもナイーブな事だから、もし、本当にエンジェルが宿ったら、私から本人に伝えます、そのかわり、色の事と、その色の使い方、リラックスするようにというのは、ぜひ伝えます、確かに全身から持ち物から全部赤だから」と気づかいをして下さいました。



しばらくして、携帯の色は変えられないけれど、色々と変えてみてます、というお話をお伺いしていました。



そして!昨日!なんと~!(大げさな位本当に嬉しかったので/笑)


安定期に入りました、ありがとうと伝えて欲しいと、そのご縁のある方からお話を頂きました!!(๑>∀<๑)


よかった。ご本人の一生をかけたお願い、叶って本当によかった。
命のお願いが叶う事、とても嬉しいです。
色なのか、観たエンジェルなのか、ゾウさんなのか、ブレスレットなのかは私にも分かりません。でも全てがきっとうまくいったと思っています。
そして、一番はご本人が心底望んだからこそ、そっと支えるお仕事をしてくれるのが色であり環境であると思いました。私はただ様々「観た」だけです。


本当に嬉しい。
私も幸せを分けて頂きました。


私があと出来ることは、エンジェルとママを大いなる存在の光でただただ祝福する事。
無条件の愛と祝福は無条件に送っていいことになっているので、
お送りさせて頂いた際、本当に幸せな深い感情と様子が見え伝わりました。
子供がお腹にいたときのとても幸せな気持ちを思い出しました。
ありがとうございました。幸せでした。


今日はいい夫婦の日、そして新月ですね。
新たな決心をするには素晴らしい日ですね。
皆さまもよい日をお過ごし下さい。


関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment