flower border

色とアイデンティティ

Categoryオーダーブレスレット
私のオーダーブレスレットをつけている方を見てくださって、ご紹介でご依頼下さった方と今やり取りしている中で、とても良い示唆を頂き、ご紹介します。

今まで私にご依頼下さった方は主に私より年上か、20代後半以降の方が多く、若しくは、学生さんなどの逆にお若い方。
ちょうど、空白の20代前半様で、自分でも好きで組んでいたらしいのですが、私の作った現物を見て、手に取った瞬間に、手がビリビリして、意味が分からない涙が出たとのことで、ご連絡いただきました。

大いなる存在の愛と光をたっぷり詰め込んで作っていますので、魂のヒーリング効果もあった事でしょう、言葉にならない深い部分での癒しもあった事と思います。

さて本題。

何が示唆なのかというと(笑)。

そのお客様が見た別の方のブレスレットは、赤と青が欠けた方だったので、赤・青・ピンク・紫等でお願い事から調整して作ってありました。

そのご依頼下さったお客様は、白と赤だけがあり、とにかく、白とピンクが大好きな方で、欠けた色、青、緑、黄色を見ると、生活の空間から全てとにかく排除したくなる、自分でも理由が分からないのですがどうしてでしょうか、と仰られるのです。


赤と白しかお持ちでない事、お願いが「お金に困らないように」なので、白を使いたくも白は過剰な方であまり白は要らず、青と緑、せめて金運ストレートに黄色を取り入れようと思ったのですが、それも苦手。普段から赤白ピンク、に囲まれて過ごしており、それ以外の色は受け入れる事が出来ず、ブレスレット作りたい、でも、色に関しての葛藤が続いているとのこと。

私は、白とピンクで作りましょうかとお伝えしました。
石は愛し愛されて力を発揮するものなので、単に「金運」で持つようなものではないからです。
「(色も含め)あまり気に入らないけど」「金運だし」「持とう」ではお金が勿体無いし、石も寝ます(笑)。
それなら心から「ああいい感じ」と思うものを持ったら良いとも思います。
ブレスレットはファッションを含めアイデンティティでもあるので、確かに理解出来るのです。


皆さんにお話をお伺いする限り、ご自分で多くお持ちの色は、大好きか、持っていることを「しっている」がゆえ、他の無い色を無意識に補給しているかのどちらかが多いようです。

この方は強く「大好き」派。
でも、無い色に興味が無くて、という方が殆どの中、大嫌い、という初めてのケース。
私もそんな方に出会わせていただけて、学ばせて頂く事が沢山あります。
天然石の純粋な意味でのカラーセラピー効果も私は向き合う必要があると思った次第です。


ご本人に了解を得て、なぜ青・緑・黄色が苦手なのかを相手のハイヤーセルフに問う事にしました。
答えは「コンプレックス、鏡」との事でした。
要するに、青・緑・黄色が象徴するもの、自分に無いものをコンプレックスに感じている部分。
嫌いなのはあくまで外側ではなく、鏡に映る自分なのですが、その中で自分が目をそらしたい部分の象徴なのです。


それ位色というのは、深層心理に深く根ざしているし、
無い色を取り入れればもちろん人生の回りが早くなります。

が、まだ20代前半となれば、人生の拡大期にあたり、自分のアイデンティティを確立するのが30歳前後。40歳に向けて沢山の選択肢から、様々な経験や知識や(ポジティブネガティブ両方含めての)観念によって選択期に入り、50代以降に人生の完成期に入ります。70でようやく完成するとも言われておりますが、死ぬまで自分を高めて行く方もおられます。


これは一つの物事にも同じ縮尺で当てはまり、勉強や仕事、趣味でも何でも当てはまります。

拡大期は自分のアイデンティティの確立、という重要な時期で、ありとあらゆる自分が良いと思うものを自分の中にとりこむ時期です。

私の仕事が今その時期で、ありとあらゆるヒーリングの力と知識を拡大、実験しているところです。
いつか選択の時期が来て、もっと自分らしい仕事のあり方をさらに絞り込んでいく事になります。
どれが自分らしく良いかは、やはり経験してみないと分からないので経験が教えてくれる事と思っています。

ですから、青・緑が嫌いで、ピンクと白しかない空間を「ダメですかね?」と仰るので私は良いと答えました。
でも、いつか、心底困ったときに、青、緑、黄色に象徴される「自分」と向き合わなければならない時間が来るとき、それを「知って」いるだけで多分、楽に越えていく事が出来ると思うのです。


(時々「風水ではこれはダメって言うんですけど大好きなんです」という方の物は、いつも、いいと言います。なぜなら、それ自身も自分の自己表現、ご自身のアイデンティティだからです。大好きなものを否定される事は、アイデンティティならずご自身を否定される事と同じだと思うのです)


・・・・というお話をしました。


20代、いいですね。
キラキラです!(笑)。
大好きな事を思いっきりやらなきゃ!!

誰もが皆、魂の勉強段階にあり、私も含めまだまだ向き合う事が沢山あります。
私の言う事の中で、納得が行けば受け入れればいいし、納得が行かない事は無視して構いません。
なぜなら私のフィルターを通した経験上の話であり、全く同じ物を一緒に見ていても、視点は全員違います。
同じ所に到達するのに私と同じ道を通る必要も無く、ただ、私は、興味人なので、ありとあらゆる良いと思う事を受け入れ選択してみて、経験済みの事に関しては、ただただそれをどんなものか「知って」いるだけの事で、こうしてただ備忘記録として、また、誰か、困った時、誰かのご参考になればと、書き連ねてみているのです。必要なときに必要な人に届く事を、この仕事を始めて身に染みて感じているので、抽象的過ぎて頭に入ってこないただただ長い日記に思う方も、心底感じる部分がありご参考くださる方も、それはそれで「ちょうどいい」と思って頂ければ幸いです。









関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment