STAR COMPASS

ARTICLE PAGE

in 日記

【日記】新しいカードを買いました(シャドウアンドライトカード)

-0 COMMENT
20170929002.jpg



ペタルトーン古井様に、かねてから、おススメ頂いていた「ライトアンドシャドー」カード。
怖いもの見たさの部分もあり、本当に怖さもあり、すぐに勇気が出ず(ごめんなさい(笑))、
ブログに掲載されていて、やっぱり買ってみようと、思わずぽちりました。
昨日買ってもう手元に届きました。


闇の部分を見るという稀有なカード。
私は子供の頃から暗いところが苦手なので、
大丈夫かな、と、思ったのですが、思ったよりも(私の中では)
ヘヴィではなくライト(明るい・軽い・適切)なカードでした。

ああ、そうだよね、その通り!というようなカードばかりが出て、現状確認した感があります。
思っていたより自ら穴を掘るようなカード(ひどいイメージ(笑))ではありませんでした。
ダメだしや穴を掘るのは、自分と向き合う際には、悪くは無いけれど、よりよい方法ではありません。
気付きとダメだしには同じことでも、変化に向けての行動に結びつくまでに、天と地の差がある訳で、
これはより気付きに近い方法を取っている様に思いました。
数字と内容がタロットや数秘とリンクしていたりして、多少のタロット感もあります。

そもそも闇というだけあって、前もって心の準備をしておきますし(怖がりなので(笑))、
説明文は絵とは異なり、かなり言葉を選んで作られた感があります。
デッキ作者は本当の強さとは何かを良く知っている方なのだろうと思いました。
(うーんと、天使でいうところの、アリエルに近い感じ・・・という表し方で伝わる方もありますか?)

闇というよりは、自分の中の苦手な面を見る、という感じです。
だからカードにいわれると、「やっぱり?私もよく知ってる~(ノ∇≦*)」
と結構自分で自分に笑えてしまうセットでした。



早速に引いてみると、自分の最近のテーマばかり。

「整理」「再生」「浄化」「受け取る(収穫)」「吸い取っていくネガティブなエネルギーコードを切る」
「相手に(優しさにつけこまれ)エネルギーを取られてきた事をやめて正しく主張する」


これは私の仕事そのものですね(笑)。
自分でも今の自分らしいなと思うカードばかり引きました。
浄化とは、確かに、単に「いらないものをどかす」訳ではなく、
きちんと向き合って昇華していくこと、、、、だと思っています。
同じように心の闇を知って闇を正しく扱うこと。
私の仕事そのままです。

私であり、私の仕事であり、そして、私も見るべきもの。
気を引き締めなければ。

光あるところに闇があり、闇あるところに光ある、表裏一体なので、
どちらの面から見たかの違いですけれど、ある事を知っているのは、いいですよね。


この仕事をしていると、人の闇を見ることは沢山あります。
特に浄化グッズを楽になりたい、人よりぬきんでたい、自分だけが良くなりたいと願って使用すると、
かえってヤケドをするように、返り討ちに合い、非常に後味の悪い結果がもたらされます。
そもそもの願い方が他を蹴落とすようなものであればあるほど・・・。

浄化というものが、魔を払う、という、言葉の表面上以上のものを
伝えて行きたいな、というのは、最近の私の心の中。

苦しいのだろうな、と、思うばかりですし、ホワイトセージやパロサント、エッセンスには
やはりキチンとした浄化作用があるのだろうな、と、思います。
特に火の浄化グッズがメインの我が家(パロサントやホワイトセージ)、
苦しいと思います。。。。

元は自分が招き寄せた事、でもそれでも本当に苦しいのも分かりますし、
まいた種は刈り取らなければならず、(表面的には)悲惨な(祝福の)様子を見ているので、
ただただ、相手の平穏を祈るばかりです。


人の持つ光と闇との対峙。
この仕事のもつ醍醐味でもあり、時にうん、と、思う事もあり。

時々古井様に私のブログから掲載頂く事があるのですが、
今回は古井様より私が少々お言葉拝借。


「話が少し飛びますが、ペタルトーンエッセンスは、
恋愛成就仕事運アップ的な薄っぺらい開運グッズ的なものではありません。
例えば、よく『好きな人を振り向かせたいので、お勧めのエッセンスはありますか?』との質問を頂くことがあります。

はっ( ゚д゚ )?? そんな都合の良いものはありません。

ペタルトーンエッセンスは、あくまでのご自身の(ある意味)生まれる前に設定してきたであろう課題をクリアしていく、自分らしくあるように、輝いていけるため、そのための気づきと方向性、そしてさらなる飛躍をサポートしてくれるエッセンスです。

個人的な薄っぺらい願望(しかもエゴ満載)な表層的な願望には反応しません。

特にタントリックと繁栄のエッセンスの場合、このようなお客様は、よくいらっしゃいます。

例えば、繁栄の場合、使ってすぐにご主人がある部署へ移動することになりました。。が、、蓋を開けてみると、ご主人が不正ギリギリの仕事が上司に見つかり、結局、同業の今までより小さな会社に転職せざるを得なくなってしまったのですが、結果的には、奥様もご主人も前より幸せに暮らせるようになったとの体験談を頂きました。

仕事やプライベートが思うようにいかない場合、安易に上記のエッセンスを開運がてら?選ばれる方がいらっしゃいますが、この様な場合、うまくいかない原因は、もっと根深く他のところに要因が隠れていたりします。

今一度、ゆっくり自分自身と対話しながら、時には見たくない部分も見なければならないかもしれません。。が、そこをクリアすることで、今までとはちょっと違った景色が見えてくるかもしれません。

光が強くなればなるほど、その分、影も比例して大きくなります。」



冒頭写真のように、あまりに太陽の光が強すぎて、
周りの晴天さえ暗く見えてしまう・・・
光が強くなればなるほど、光を強くしたいと思えば思うほど、
自らの闇もあぶりだされてくる・・・・でも進む道はすごく明るい。


私も、浄化グッズは安易に使うとヤケドするよ、と思っていた所に、
古井様のこのブログを見て、右に同じ、と思いました。
道具は盾にもなれば刃にもなり、扱いを知らずして振り回せば大怪我してしまう。


皆さんのペタルトーンのダウジングを行うと、ソフトランディングするような優しい順番があります。
そして時々、ダウジングした私にはその結果の意味は、分かる部分と分からない部分があります。
分からない部分をお伺いすると、最初にお話を聞いたうえでは分からなかったけれど、思い出したように、
「そのエッセンス(色・名前・内容)は苦手です!!」という言葉にならない部分が現れたり。

言葉や自分の知覚の表層的な事ではなくて、もっともっと奥の解消すべきことは別にあって、
それが自ら、自らの願いや希望を止めていることがあるようだと感じる事が多くあります。

(そもそも私たちの多くは、繁栄の定義を、外側からの思考、
イメージ付けにより、思い込みで随分ゆがまされています。。。。)
お金もエネルギーであり道具なので、同じです。
そのお金で私たちは何を買うのか、買ったのか・・・。







私たちの持っている沢山の苦手やチャレンジを闇と言うのであれば、闇の部分、
ベールで覆われた部分、闇というより、苦手、と言ったほうが本質的で優しいような気がしますが、
「苦手アンドライトカード」では、タイトルが下手すぎて売れませんね!\(^o^)/



私たちの苦手の一側面だけですが、文字として見る事が出来るのでカードはいいです。
デッキにより無限の組み合わせがあるのは面白いのですが、
同じセットだと、同じ言葉、同じ側面からしか見る事ができないので、
ちょうど、何か新しいカードが欲しくて、と、思っていた時にご紹介いただいたものでした。
古井様、ご紹介ありがとうございました!



それから最後に。


「浄土は言葉の要らぬ世界である
人間の世界は言葉の必要な世界である
地獄は言葉の通じない世界である」


これは、近所のお寺に貼ってあった言葉で、
ふと目に入り好きだなと思ったものです。
調べると、曽我量深さんというお坊さんの残された言葉なのだとか。

実際別に浄土だの地獄だの特別な場所へ行かなくても感じることだな、と。。。


せめて、人になりたいものです。




関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment