STAR COMPASS

ARTICLE PAGE

in 日記

【日記】木星が抜けて2

-0 COMMENT
20170929001.jpg

木星が抜けて2。

特に言いたいことがあるわけではないのだけれど、

たまたま石井ゆかりさんの今のツイートで目にした言葉がまるで昨日の私を見たかのようで、
私が昨日あの日記を書いたのも、そんな気になったのも、全てを捨ててしまいたい衝動に駆られているのも、
やっぱり星にうごかされているのだろうか?と、思うようなツイートでありました。


星の事はさっぱり。
いつか勉強すると思っているのだけれど、
ペタルトーンエッセンスも惑星のエッセンスの販売が控えているようですし、
こうして自分にとっての状況が揃ってくると言うのは、やはりタイミングは「今」なのかもしれません。


石井ゆかりさん 2017.10.19 09:33 ツイートより引用させていただきました。

「今日の占い(10/19)月は天秤座で、太陽と重なりに向かう。ジャスト新月は20日未明だけど、すでに新月モードに満ち満ちている。というか、20日の午前中には月は蠍座に移動するので、むしろ19日の方が「天秤座新月」感が濃いかも。新月は昨日も書いたけど「スタート」のタイミング。」

「木星が去った直後の天秤座での新月は、たとえばお祭りの後のとっちらかった状態がびしっと片付いて、新しい時間の準備が整う、みたいな、ある種の「清浄感」が漂う。清らかに整理していく、浄暗。 」



まるで昨日の私の日記をご存知のようではありませんか(笑)。


星・・・・うーん、星。


星の事に興味があるのに全然分からないでいるのは、それはそれで、
私にとって、新たな楽しみ(趣味・デザート)をとっておいているような感覚なんです。
私はやると決めたら突き詰めてしまうので、、、、、


しかし自分だと思っているこの全てのものを把握し
全て今必要なものだけに整理したいと考えている私は、
私の意思で行いたいなと考えていると思っていたのですが、
こんなにも「星」とリンクしてしまうと、
本当に私の感情で行いたいと思っているのでしょうか?
一体誰の感情なのでしょうか。


「自然」の流れに「自然」に乗っている、
もっと大きなものに動かされているような気がします。


私たちが自らを指して言う自分らしさとはまるで幻想のよう。
改めて、私が私らしさと思っている事でさえも、
全て「自然」からもたらされているのかもしれないと、星とは何かを考える事で実感しました。。。。
(この経験も木星のギフトかな?!)


この私の仕事さえも、「自然」、大きなスピリットたち、から、
私が出来る形で、行うように動かされているような気もしてきました。
実際、誰もがそう、ですね・・・
私が同意している事の中で、できる形で・・・

エッセンスや仕事のおかげで、「私」という形に抵抗が少なくなってきて、
そうした流れも流れやすくなってきているのかもしれません。

スピリット達に動かされる事は自我がなくなるのとは全然違って、
自我と自然やスピリット達との間に殆ど差が無い感じなのですね。。。。
すごくスムーズにやるべきこととやりたい事が一致する、そんな感じ。
すごく不思議な感覚ですが、自然にお任せ~でいいのですね・・・(*^U^*)


実際、生きる、事でさえ、いつ亡くなるかは、自然に任されているのですものね。
沢山の亡くなって還って行くスピリットたちと対話しましたが、
「天命」には私の仕事はただ、還る事を祝福し、見守ることしかできません。


結局、巡り巡って、
大きな流れの全ては「自然」が用意してくれている事を信頼する。
だから私は、思うことを思うように行って、生き抜く。
それでいいのだと、思いました。。。。。


今年~来年は、星を理解することを念頭に、
また一年がんばろうと思います!!


星の本を買い始める前に、もう読まなくなった、
過去に勉強した本で今はもう、という本を整理するp(*^-^*)q!(笑)


なんだかよく分からないけれど、「それで合っているよ」と
言われたような気がして、すごく元気になってきました。

がんばるぞ~♪


関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment