STAR COMPASS

ARTICLE PAGE

in ペタルトーンエッセンス

ホワイトスプリング・ホワイトライトと吸い玉

-0 COMMENT
風邪が続く間、9種類も出されても、新しい薬を貰っても、どんなに薬を飲んでも効かなかったので、まぁ・・・「聞いて」みる訳ですが、「せっかっくいらないものを出そうとしてるのに薬で止めても出し切るまで止まらないよ」と言われるのみ(笑)。抗生物質を飲みながら「あえて風邪として体の中から排出しようとしている仕組みを殺そうとするんだから菌も痛いだろうな・・・」とも思って飲むから余計効かないのかも(笑)。

挙句の果てに家族にうつし、うつされ、悪循環・・・。
最後は背中が痛い程咳込み、夜中も寝ている最中も。
咳が続いていましたが、吸い玉で、吸ってやれば治りが早いかも、と思い、背中と胸の中央の肺のツボを吸いだしました。胸の真ん中がどす黒くはなってしまいましたが・・・・咳が薬なしで止まりました。

台湾人の中医学を学んだ友人が私がしんどいときにカッサと吸い玉を施術してくれて教えてもらって使い始めたのですけど、血の浄化には、吸い玉、おススメです。とても好きなので、会社でも取り扱ってしまおうかと思うぐらいには良いものです。何でも自分でやるのはやはり安いし良い感じです。カッサは今だいぶ商品としても浸透しましたよね~^^


間はオーラブルーのみ使い、体力が消耗した際は、ホワイトスプリングに助けて頂きました。
体がしんどくても、お祈りの依頼はあるのですが、ホワイトスプリングが、私の行う瞑想にピッタリだったのは素敵な発見でした。思考がどこにいるといわれても、真っ白な世界にいるので、白の泉は、まさにそのものだったのかもしれません。他に大いなる存在に繋がるエッセンスとの違いはまた元気なときに試してみたいと思っています。映像がものすごい立体的に動くので、すごいなあと思いながら眺めていました。


そして、ホワイトライトは、子どものいい夢に効くようでした。

しばらく子どもが「夢を見ません、見ません、みません・・・」とおまじないのように唱えて寝る時期が続きました。
問うと、「恐いから」と言うので、「良い夢見ますように」って唱えれば?と提案しても、すぐよこで「夢を見ません見ません見ません・・・」。

で、白い光に包んでから寝せてあげれば大丈夫かと思って、ホワイトライトを使って寝付かせた翌朝、「ママ、今日はね、良い夢見たんだよ!!!」と、おきたて一番珍しく嬉しそうに報告してくれたので、どんな夢だったのかを問うと、「ヒマラヤの上でね、大将がね、宇宙にいって、ボヨンボヨンだったんだよ~(๑>∀<๑)♪」と・・・・。

ヒマラヤ、なんて言葉を三歳の子が知っているのか不明なんですが、内容が内容だけに、親あれば子有り的な(笑)。おもしろかったので、詳細を問うても、本人もなんだかわかって無いんだけど、ヒマラヤで何かスゴイ人に会って、宇宙をぼよんぼよんして飛んできたらしく、嬉しかったらしいです。

(今、子供が起きる前に書いているのですが・・・「次はウルトラマンがやってくる夢を見た~」と起きてきてつぶやきました。子どもってすごいですね)

ホワイトスプリングとホワイトライト、オーラブルーの使い方はだいぶ実感しましたぞ!
また気づいたらごほうこくいたします。

大人のホワイトライトを使った感想は、ボーっとしたときに気付けによかったです。
風邪でボーっとしたときに使ったところ、思考がしゃっきりしました。

喉にいいのかと、クリアトーンもしんどいときに使ったのですが、私にはまだ強烈だったようで、使うと、喉をメスが通るようにサクッと何かが切り開いていく感覚があるので、いやー・・・・強烈です。悪くないんです!もっと体力があるときに、集中して使うべきだ、覚悟をして、喉を開こうと(甲状腺は変容やエネルギーの向上に関係がある部位ですし)。背を正して変容を受け入れないとなと思いました。

先日の日記に記したとおり、試しに、と思って、使った自分でしたので、もっと何と言うか、ボトルの位の高く強いというか、強力で、高い周波数への変容を望む時に良いと思います。それが先日言っていた「変容にコミットする」事なのかと思います。今しばらく体力が戻るまではお預けです。





やっぱり肺にたまっている何かを出そうとしてくれていたのですね。ありがとう、エッセンス、ありがとう吸い玉。




関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment