STAR COMPASS

ARTICLE PAGE

in ご連絡

7月 弊社オープンデーのおしらせ

-0 COMMENT
20161207002.jpg

いつもご利用いただきましてありがとうございます。

弊社第一回オープンデーを開催すべく、現在企画中です。

7/22(土) 東京 中央区弊社の別事業部事務所にて(住所は改めてご連絡致します)

7/28(金)午後・29(土)午前中  福岡市 
現在九州方面のクライアント様も多く、来て欲しいというお声も受けていたため、
ペタルトーンエッセンスオープンデーと共に、
同スペースで個人カウンセリングを行わせていただく予定です。


個人カウンセリングがあってもなくても、よかったら遊びに来てくださいね。
東京は午前中フリータイムのお茶会でもいいかなと思っています!

ペタルトーンエッセンスのセレクト、弊社商品を自由にお使いいただけるお時間や、
個人カウンセリング、ペタルトーンエッセンスワークなど、行う予定です。

7/22(土)東京
9:00~12:00      オープンデー
13:00~18:00頃まで 個人カウンセリング(時間が空いている時はオープンデーとなります) 

個人カウンセリングは東京福岡共、1時間一枠、12,000円、要予約です。
ペタルトーンエッセンスのワークは、恐らく全てのエッセンスの中から選ばれる方が殆どかと思いますので、
オーラをダウジングして、エッセンス全体から選ぶのは3000円です。

ペタルトーンエッセンスは、特にどのチャクラにどのエッセンスを入れか、絞る事を目的にしたエッセンスでもあるので、セレクトした後、オーラに入れ込んでいくワークも別途2000円で行います。オーラを動かしている間に伝わってくる事はその場でお伝えしますが、お客様の個人的なカウンセリングは行わず、選ばれたエッセンスと、オーラから伝わってくる事をお伝えする事のみとなります。(個人カウンセリングにこれを組み込む場合は、1枠あたりになりますので、枠内であれば無料になります)

福岡に関しては枠数がもう少しあります。
情報はもう少しお待ち下さいませ。
(福岡の情報は、ペタルトーンエッセンスのHP又はブログなどにも情報が載るかと思います)


お申し込み順の枠になりますので、もしご興味・お申し込みのご希望がございましたら、

mail★starcompass.co.jp 

までメールをお送り下さいませ。
追ってご連絡いたします。
どうぞ宜しくお願いいたします。





以下は余談と雑記ですのでご興味があればご覧下さい(^^)


福岡のペタルトーンエッセンス様のオープンデーにお邪魔させていただくべく、
古井さまから、「プロフィールを」とのお達しを頂き、7行程度のプロフィールでも長いかと思って
盛りすぎましたか、と、お送りしたら、短すぎるのでもう少し長く(笑)、との、ボツを頂き、少し加えてみました(笑)。

*********

プロフィール
北村 晶子
株式会社STAR COMPASS 主催・代表取締役。
ペタルトーンプラクティショナーセカンドグレード終了。
クリスタルをメインに扱うヒーラー。
浄化専門店をオンラインショップで展開。
別事業でコンサルティング業務も行っている。
(弊社取締役・税理士・CFP)

仕事
人土地空間の浄化・透視(クライアント様の体や守護するスピリットが伝えてきた時のみお伝えしています)、遠隔調整、オーラ調整、ペットとのコミュニケーション、ペットの手術後や瀕死の際のサポート、亡くなりそうな人を光に導き、亡くなった方の言葉を伝え、アストラル界に残りとらわれている存在を光に還し、彼らの言葉を伝え、天使・マスター、スピリット、ありとあらゆる存在とコミュニケーションをとる。

口コミでヒーリング業務も続けている。経済界スポーツ界芸能界、ヒーラーさんや一般の方、子供(偏頭痛持ちのお子さんをお持ちのクライアントさんからの依頼が特に多い)、ペットの緊急時など、クライアント多数。

生い立ち
幼少期よりあらゆるエネルギーや感情を人や場所から感じ取っていた。大震災をきっかけに、その力を生かしてみようという気持ちになり、本当に心が望む仕事をするため、現在の会社を立ち上げる。
両親の家族が殆ど医療関係なのに医療業務に全く興味が湧かないかないのを不思議に思っていた。社会に出て税務業務に従事した後、代替医療に興味が出て、体本来の持つ力を生かす仕事がしたかったのだと気付く(そのためか自然とボディヒーリングが最も得意)。その後天然石屋になるはずだったが天然石を販売するに当たりきれいに整えたり空間を綺麗にする事も楽しくなり、現在の浄化専門店の仕事に落ち着く。また、祖父が石を掘っていたり華道の師範だったためか、幼少期から石が沢山家にあり、石や花について体が知っている事や、最初の両親からのプレゼントである名前も含め、今現在の自分があるのは全ての家族のお陰だと思っている。

現在は人や空間の浄化、光を届け、光に還す事で個人の道を光で照らしよりよく生きるきっかけを導く仕事をしている。継続的に光を届けたく、個人の変化に日々可変可能なオーダーメイドエッセンス「THE ONE」も作成開始。

クレアセンティエンスが最も強いサイキックミディアム。クリスタルとコミュニケーションを取り、美しく整える事が趣味。


************


書いていて人生振り返っていたのですけど、
高校生の時に、授業中、急に「全員の心の声が聞こえていた事に気付く」という不思議な一瞬があって、
今でもその場面は見事に覚えています。
本当に今でも「不思議な感覚」です。
でもあまりいい記憶ではありませんね。かなしかったように思います。

それまでは、どうして、長い事、心の中と違う事を人は口にして、
どうしてそんなにひどい気持ちを発する事ができるのだろうと思っていたのでした(笑)。

どうやら心の中の声は他の人は聞こえていない、
聞こえていないのだから分からないはずだと思っているのかもしれない、と、
高校生になってようやく気付いた、というべきでしょうか(笑)。


私の親しいクライアントさんのだんなさまは、子供の頃から、
「全員体の外側に色があって、気分によって色が違って、
体調悪いとその部分の色が濁って悪い色で、そういうの人は全員見えているものだと思い込んでいた」ため、
中学生ごろ、それが誰にも見えていないことを知って、逆に驚いた、というエピソードを伺ったことがあります。
(その後思春期と共にその方は色が見えなくなったそうですが、現在その方のお子さんは、やっぱり目に見えないものを子供の頃から目で見ているそうです。遺伝もあるのかもしれませんね!私は目で見えないものは目では見えませんが、体が分かります。ワーク時は姿かたちも含め脳裏が見ています(目で見ているのと脳裏が見ているのはどちらも脳が変換しているのでそう変わらない事ですが・・・まだ脳裏のフィルターがあるため、例え人外の存在でも怖くはないです)。目で見えている方たちは本当に怖いのじゃなかろうかと思います。。。。)

子供の頃からそうであると、当たり前すぎてかえって分からないのかもしれません。

なんだか気付いてしまってからは、しばらく、数ヶ月にわたり、
何かが急に足元から頭上につき上がるように上る瞬間が、全く予測不明に何度も来たのも覚えています。
そこから完全に勝手に開いてしまった感じです。(こういうのをクンダリニーというのでしょうか)
でも、そういうのを完全に否定したくてしばらくは人の子らしく(?)年齢なりの勉強に没頭してみたり、一般的な仕事に従事していたのですが、やっぱり大震災もあって、子供を産んで、ある程度一般的な仕事は私ではなくても替えがきくけれど、わが子の母をすることと、この力を使いこなす事は自分以外にできないから、自分の時間を作ることと、それを生かして仕事をしてみようという自分の心の声に従ってみることにしてみた次第です。

この仕事についてからは、この仕事について理解のある方に関しては、私が全てを見えてしまうことを知っているので、かえって本音で話してくれるのでとてもありがたいです。たとえ私と意見が違ったとしても、心と実際の声が違わないでいてくれるのは、本当に嬉しい事。まっすぐ目を見て話してくれる人、目を見られない人でも、率直に話をしてくれる事ほど、ありがたい事はないかもしれません。

そういう意味でも、心の声が聞こえるはずがないと思って生きてきた人の声が今でも見えてしまうことはありますので、あまり人は得意ではありませんし、集団の中も結局あまり変わらず本当に不得意です(全てのエネルギーと感情の流れが伝わってきてしまうのとエネルギーがありとあらゆるレベルで混線しているため)。

それでも、自分で作ったエッセンスを飲んで、この間のペタルトーンエッセンスの授業、少しは話す事が出来たのですよ♪人には「全然そうは見えない、むしろ得意そう」とよく言われますけど(笑)。エッセンスをとるようになって変わった事のもう一つが、車の運転恐怖症がなくなった事かもです。そういう意味で、自分の中の恐怖心とか、ブロックを、なぜかそっと溶かしておいてくれるエッセンスだと思ってます。(これは宣伝)


自分で自分に色をつけるの得意ではないのですが、
一言で言うと、ある程度エネルギーワークの「何でも屋」で、普通の人です(笑)。
普通なので、普通にお友達になってお茶を一緒に飲んで下さればそれで嬉しく思います。
今後ともどうぞよろしくおねがいします。


あ、それから、オープンデーもどうぞ宜しくお願いいたします(笑)。

遊びに来てくださいね!

東京は時々店舗によりたいとお電話を頂くので、できればまた開きたいですね!





関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment