STAR COMPASS

ARTICLE PAGE

in 日記

土地の祝福について

-0 COMMENT
ペタルトーンエッセンス輸入総代理店をしていらっしゃる古井さんは、ご縁あって時々北村のことを取り上げてくださりますが(ありがとうございます(* ´ ▽ ` *))、今回の事は興味深い事だったので、(古井様ご自身の個人的なことを除き)北村の視点から、何がどうだったのか、仕事の一環として補足致しますね。


記事はこちら

非常にマニアックなので(笑)、興味があれば続きよりどうぞです。



古井様の浄化の旅の事の前に、記事の最後に記載のある黒のことも少し補足します。

ヒーラーさんに限りません。チャネラーさんも同様です。先日浄化について記した記事と内容は被りますが、エネルギーヒーリングも、チャネリングも、「何を源泉にした」エネルギーを使っているのか、チャネリングしているのか、使っている本人が明確に知っている必要があります。

時々チャネリングの話をしますが、宇宙人だから、次元の高い存在だから、「偉い」訳ではありません。
何か別の知覚や経験で世界を知っているだけのことです。
経験が違えば、学びも違うので・・・。
イエスも、仏陀も、アセンデッドマスターも、隣のおじいちゃんも、次元の高い存在も、すべて同じ。

全部、隣の誰かであり、私たちとそんなに変わらない人たち。
姿かたちは違うかもしれないけれど・・・。

少なくとも、黒、又は、低い存在を使ったり使役した場合、使役する母体については、「あなたは特別だ」「選ばれた存在だ」「神である」など、何か特別感を与えるような言葉を言います(なので先日「特別」「人とは違った」という言葉に注意して欲しいと書いたのですが・・・・)。そうして、チャネルや使おうとするひとのエゴをまず満たして、その存在たちの言いたい事を伝えるための母体として利用します。簡単なんです。「あなたは選ばれた存在なんですよ」ただその一言を言えばいいのですから・・・。

それを見聞きすることが本当によくあるのです。一般的な世界に住んでいる人が聞いたら「は?もう一回お願いします???」ですよね(笑)。でも、本当に聞くんですよ。人に言われたこともあります。「私は神ですから」。・・・・いやいやいやいや。待って待って。よく考えて、言葉の使い方間違っていませんか。゚(゚´Д`゚)゚。

この場合、神=何か特別な存在、偉い、すごい、という事が言いたいという意味ですよね・・・?

でも、あなたが神で選ばれた存在なら、ここにいる全員そうです。
肉体があり、心臓があり。何も違いませんよ!と思います。
普通の人は、(残念ながら)「そうですか・・・すごいのですね」と言います。
そして、何割かの人が崇めます。
崇められることを本人が希望した瞬間に、黒に堕落します。

(一つご注意願いたいのは、フロントマン・フロントウーマンの事を指しているのではありません。「本当の先生」と「崇められたい」とは180度違うという事だけは、ご留意下さい)

ただし、黒の先生のヒーリングワークでも、100%嘘が入っているわけではないのです。
80%真実であれば、有用になってしまい、ずぶずぶになっている方をよく見かけます。
この方法はよく宗教でも取り入れられているものです。
そして方法に著作権がかかっていたり、
お金を出して学んだのだから世に公開する人はおらず、
自分だけの秘伝の学びとなっていき、狭いグループの範囲内で保護されていきます。

20%の嘘も、実入りが良ければそれはそれで、
子の人たちのその時の生活を支えますから、
すべてが黒=悪という訳にはいかないのですが・・・・・。
嘘も方便な部分がこの世には沢山あります。

それを追求しすぎると、また、強迫観念というか正義の衝突になっていくので、
それを知りつつ、容認ではなく、そういう生き方があること、生き方をする人がいることを、
認めなければならない、と、言った内容を先日書いたりしました。住み分けみたいなものですね。

学んでみて途中でもし違和感を感じることさえできれば、
理論の崩壊と、20%の嘘を見抜けます。
大体真実とは理論が矛盾しているので、「あれ?」は、よい合図です。


もてる霊力の高さと、精神力の高さが比例しているとは限らないのですね。
見える、聞こえる、わかる、という霊力を振り回せば、やっぱり凶器になります。
力を正しく使うために、心の鍛錬、精神力、メンタルの高さが必要になりますね。
心技体。スポーツのようなものです。


神や過去のイエス、仏陀など、は、自分を、アイドル化(偶像化)、
形作ってそれを拝む事をさせませんでした。
自然と自分と神とほかの人に、まったく違いが無いことを知っていたからです。

もし、正しくエネルギーワークを進めていきたいと望む事がありましたら、指針にしていただければと思います。

ちょっとうるさく言ってしまいました、お許し下さい(ノ_<)
せっかく学びだしたとき、沢山の道が上から下まで開かれているので、
下を選んでしまい、あとから抜け出せずに苦しむ方を沢山保護してきたからです。
老婆心と思って頂ければ幸いです。
数千年間、沢山の方が涙してきていますし、もう一度転生して学ばなくても、今は早いので、
切り替えたらそれでOKな時代に入っていますから。今、ぜひ。


*******


さて、古井さんからご依頼頂いたワークは、とてもとても印象深かったです。

浄化の旅に出る前に保護をお願いしたいというものでした。
「守護している存在の保護を強化して欲しい」
受けたことはありませんでしたが、やってみると言う事で、始めて見ました。
どんなワークも私が決めるのではなくて、神やスピリットたちが全て教えてくれるので、
それをその通りにするだけですが・・・・。
(ここでいう神とは、全ての人の中に存在しています。何か特別な存在ではありませんが、源泉はあります。その言葉の聞き方を、プロのヒーラーたちは知っているだけです。)

浄化の旅に出ると、本当に色々邪魔が入ります。
先日のとおり、来て欲しくない存在たちも沢山ありますので全力で邪魔します。
なので、まずは前日から帰るまでのすべてを保護することにしました。
何を保護するかといえば、肉体、行程、その後の帰りまで。
遠足は帰るまでが遠足ですよ、浄化の旅は帰ってからの健康も、です(笑)。
それから、土地のスピリットたちに、挨拶をしておくことも必要でした。

あまりに悲しい土地の記憶で、沢山の団子になったエネルギーたち。
とても重たいので、遠隔で行うのは危険だと踏み、
(実地は古井さんとエッセンスたちにお任せしつつ・・・)
土地のスピリットたちへ、この時期に(依頼を受けたときは何日に行くか決まっていなかったので)
こういう方が浄化の旅にいきますので、
どうぞよろしく、と、挨拶だけにとどめました。

それでも、祝福と挨拶だけでも、上がってくれそうな存在はありました。
普段は、遠隔でその場を祝福しておくとき、ミカエルを呼ぶのですが、
その場で遠隔で上がりそうな人たちが、中々ミカエルでも動いてくれません。
ミカエルの持つ大天使団を呼び、私の保護を頼んだほどでした。
少し危険だったので、一旦引いて、どうしたものかとスピリットたちに問うと、
「イエスを呼びなさい、彼らはイエスのために命を落としていったのだから、最後に最も会いたい、迎えに来てくれるはずだ、会えると信じて亡くなっていったのだから」と・・・・。

そこからイエスに問いかけてみました。初めての経験だったのですが、
あまりに重厚、あまりに大きな。ビックファザーでした。
今思い出しても、鳥肌が立つ位、重厚、という言葉がぴったりの響き。

まずは先ほど上がりそうだった存在たちを、どうにか引き上げて欲しいと頼みました。
「私という形、存在が、彼らに必要ならばそうしよう」というような内容で
快諾してくれたので、様子を見守っていました。
彼らがその存在に触れた瞬間に、
最も会いたかった存在に会って、涙ながらに上がっていく姿は、こちらも涙が出るような風景でした。

浄化をするために、その土地へ行く人がいるので、
その時期に浄化に行く彼らを保護してくれないか、
そして、亡くなって行った存在たちはイエスに会いたくて、
身をささげて命を絶って行ったので、連れて上がってくれないかと頼みました。
もちろんと、いうよりは、「私と神に何も違いはない。私という名前と姿が、彼らを救うのであればそうしよう」と、同じような返答でした。その時協力してくれた存在たちの全てに感謝を伝えて、そのワークを終えたのでした。

イエスに依頼させていただいたのは人生で初めてでしたが、
ものすごい響きと重厚感に、ただただ驚きました。
そして、神とイエスに差は無く、ただ、自分という過去のその姿形が、
彼らが光に帰るのに必要ならばその形になろうというのを、伝えてくれました。
(実際は神の光で良いのであるが、還りたくても還れない彼らには、それが神の光だというよりは、イエスだ、と、伝えたほうが、帰る手助けになる、という意味らしいです。やはり、イエスというアイドル化された存在としてではなく、を言いたかったようでした)


ミカエルたちは、人になったことが無いので、もっと軽い感じがしますが、
アセンデッドたちは、ものすごく重厚なのですね。。。
質の違いというか、エネルギーの違いは、こういう部分なのかもしれないと思いました。

(追記:この記事が正しかったかイエスに問いましたが、合っているけれど、イエスによれば、重厚に感じたのは(ワークの際に)深い意識に入っていたからで、重厚、という言葉の響きの中に、何かすごい、という意味を含めないで欲しいという意味の事を言っていました。もっと軽いでしょう、と。隣の友人でいいのです、というような感じでした。)


とても貴重な経験をさせて頂きましてありがとうございました。


もし、キリシタンの悲しい記憶の残る場所を浄化される方がありましたら、
どうぞご参考下さいませ。


古井様、大変な浄化の旅、本当にお疲れ様でした!


ご報告いただいた日は、確かすごく晴天でしたが、翌日は嵐だったようでした。
天気まではお願いしませんでしたが、無事に行って、執り行い、無事に帰ってくる、
という言葉の中にそういうのも含まれているのかもしれないですね(^^)。

************

長野は、川中島の古戦場、今は広い公園になっている所が近いのですが、
それが、最初ハラハラしながら行ったのですが、
いつ行っても大丈夫で、体調が悪くなることが無いのですが・・・・
エッセンスが保護してくれているのか、それとも・・・・?
私は幸いにして、見ようと思ったときにしか、悲しい存在を見ることはありませんし、
心の目でしか見ませんので、分かっていないだけかもしれません。
感じる力のほうが強いので、乗っかられるかな、とか、
体調が悪くなるかな・・・と思いましたが、それも無く。

今は整えられた広い公園になっていて、沢山子供たちが楽しく遊んでくれたからかもしれません。
子供の心から楽しむ笑い声や高いエネルギーに勝るものはありませんしね!
あと、夏にすごく綺麗な花火が近くで上がり賑やかにお祭りが開催されるのでした。
花火にもお祭りにも払う力がとてもありますね!
長野の沢山のヒーラー様達が、同じように考えて、整えて下さったのかも。

でも、いつか、私もきちんとエッセンスをもって、浄化しに行きたいと思っています。



関連記事
スポンサーサイト
  • Share

0 Comments

Leave a comment