flower border

【日記】読書記録 新・ハトホルの書

Category日記 読書記録
北村は大の読書好きです。
普段から本に囲まれて寝て、本に囲まれて生き、本と飲み物があれば幸せな人間です。

この世界の本に関して、もっと読まれている方もありますでしょうが、
何をどうどの順番でどう読んだのか、日記に書いて行こうと思っています。
過去に読んだ本の中でもお勧めが出来るものがあればシェアしますね。

お勧めできるものだけ、理由もつけてご紹介します。

********

新・ハトホルの書 トム・ケニオン 著
http://www.amazon.co.jp/dp/4864511039
アマゾンへリンクしております。

この本の存在は何年も前から存じ上げていましたが、ピンとこずに手に取らなかった本です。アマゾンサーフィンをしていた所、コメント欄に、「8」について記載があり、「ピン!」。これもシンクロニシティの一つだろうと思い、流れに乗ってみる事にしました。昨日取り寄せて読んでみた本です。思っていたような本ではなく、素晴らしい本でした。

幾何学模様はやはりどんな時代にもどんな世界でもヒーリングに使われて来たのですね。

私が印象を受け取った時は、8の字をぐるぐると巡り、脳内で目を回さないように、と、記載しました。
8の二個の○を重ねてしまうこと、統合が主体だったからです。

でも、この本では、8の「線」の上での動きが主体です。
8の字の上を歩いて、目の動きを観察し、まわしてみて、動きが悪いところが、バランスが取れていない部分なのだそうです。
詳細に優しく、安全な方法で導いてくれていますから、信頼して大丈夫です。
他に、正八面体のワーク等が載っています。
ハトホルの8のワーク、良かったら北村の8のワークと、お試しくださいませ。

様々なワークが丁寧に記載され、読み物としても、
バランスもよく、優しい語り口で、テキストとしても大変よい本です。

教えることは、深く学ぶことだ、という言葉の意味を、
こうして8つながりの流れに乗ってみて、すごく感じております。
それが順番にシェアできる事、新たに学ぶこと、そして、シェアすること・・・
縁でありシンクロでありタイミングなのでしょう。
ありがたいことです。
この本のワークも自分でも行ってみたいと思います。

*******

先日バシャールの新刊をわくわくと買ったのだと日記しましたが、
読了した感想は、いまいち。番外編というか。お勧めしません
バシャール好きとしてなら持っていてもいいかもという感じでした。

やはりコツコツと自身の浄化なのだろうと、
いつも通りの事を、確認した次第です(^^)。

もし北村がそんなに言うならとご興味を持たれて、何か一つ、と思われるようでしたら、
バシャールゴールド「バシャール 2006」の方がバランスよく、人にも貸し出す本ですので、お勧めできます。



関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment