flower border

水晶(天然石)の扱い方に困ったら

Category水晶のこと
あれ、先日似たようなタイトルだったじゃないか、と、思われることと思います(笑)。

水晶(天然石)の扱い方や浄化に困ったら、やっぱり、メールか電話でも下さい(笑)。お手持ちの石に合わせてお話させていただきます。

********

先日、ご縁を頂いた方が長野まで会いに来てくださり、小一時間程駅前でお茶とケーキと共に石を綺麗にしたり、様々なお話をしたり、オーラを整えたりとさせて頂きました(ありがとうございました!)。


お会い下さった方は、とある方に「水晶は怖いから」と言われて、いつも人から石を貰うのに、かえってどうしたら良いのかかえって分からず、怖いものになっていたとの事でした。


水晶怖い気持ちはすごーく分かります。どう扱っていいのか分からないのも分かるし、極端な世界へ入り込んでしまいそうなモヤモヤ感が苦手な方の気持ちも分かるし、なんか騙されそうという気持ちも、すごーく分かる(大笑)。


でも、まんじゅうこわい、みたいなものでしょうか(この例えでいいんでしょうか・・・/笑)。ライターを貰っても、使い方を知らなければ、火のつけ方どころか、これは火事になるから怖い、と、いうようなイメージです。


あくまで道具であり、たしなむものであり、趣味物なので、怖がる事は無いのですが、それをどう扱うか、どう向き合うかをきちんと伝えていくのが私の仕事だと思っています。


それから、むかーしむかーし、アトランティスが一瞬で崩壊したのも水晶の誤用による爆発と言われているので、過去にそこで縁があった方にはその記憶が同時に無意識下に存在しているので、水晶=怖い、のも無理は無いのでしょう。





浄化をきちんとしてあげれば怖くないのですよ~むしろ便利なのですよ~。



大きいから高いからいい石ではないということ、どこで何を買うか、石の種類は、気に入ればさして問題はありません。エネルギーの強弱や性質の違いは、ヒーリングのプロの方や、趣味で楽しみながら次第に使いこなしていけばよいと思います。


これも先日や、様々な方にご質問いただいているのですが、手持ちの石を気に入って使い込んでいたのに、今はその石は付けたいとは思わないのだけれどもどうすればよいか、とか、とても精神的肉体的にきつかった時期に共にあってくれた石はどうしたらよいか、とか、触りたくない石はどうしたらよいか、とのご質問等、その後についてのご質問は数多く伺います。

その時の為にそばにあってくれたので、それが過ぎ去った後に見ると、もう付けたくなかったり、何となくもういいかな、とか、つける気にならなかったりする事もあるかと思いますので、そうなったら、沢山の感謝をして、適切に処分をして構わないと思います。


また、時々、ブレスレットの糸が切れたら買い換えなければなりませんか?と、いうご質問も伺います。守ったのだから、もうその時点で買い換えましょう、とキッパリ書いていらっしゃる本もお見かけします。


私個人的にはどちらでも良いと思います。よい状態の石はそう安くはないし、ブレスレットの糸はかなり脆いので、毎日つけて半年もすればのびたり切れたりします。ぶつけたりして物理的に欠けた石は危ないので取り除いていただいて、また新たに気持ちの向くままに組み替えたりと、長く楽しむ方が、個人的には好きかなあと思いますが、こればかりは各個人のご判断に委ねます(笑)。持ち主が一番石の状態は分かるので・・・。




どこを歩いても石を買える時代、石の扱い方やケアについて、もっともっと、お伝えしていかねばならないと思っている次第です。


ご縁を下さったお客様、どうもありがとうございました!






関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment